« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

マンホールの蓋【鎌倉】

マンホールの蓋【鎌倉】
鎌倉駅(時計台)、市の木・ヤマザクラ、市の花・リンドウが描かれている。
鎌倉らしく上品で、蓋を見ただけで内容がわかる親切なデザイン。

マンホールの蓋【鎌倉】
県の鳥・カモメ、県の花・ヤマユリ、県の木・イチョウと
海がデザインされています。

マンホールの蓋【鎌倉】

何も書かれいないので、何のマンホールなのか不明。
モチーフは松の木と思われます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

渋谷・東急ハンズ前

渋谷・宇田川ハンズ前

ただいま三本締め。
これからお御輿出発です。

今の時期、外出すると、お祭り(やその準備中)
にあたることが多いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この家

街角の風景1

家の前は歩道。
いきなり建ってます。
家の周りに雑然とした余計なものはない。
この潔さ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

神戸カフェ物語

0608_kobecafe

神戸カフェ物語 」という本の初出は2004年9月。
・神戸新聞総合出版センター発行
神戸山手大学環境文化研究所【編】

わたしが手に入れたのは2005年9月。Amazonの中古で1100円だった。

当時この「umiの茶壷」は、今年8月末で最終号となった
フリーペーパー「神戸通信」と同じく、わたしが神戸で出会った
興味深い場所やできごとを紹介する場所だった。

もともとカフェ(喫茶店)が大好きなので、単純にほしくなって購入。
本の紹介のつもりで「神戸カフェ物語」のAmazonアソシエイトバーナーを
このブログのサイドバーに貼っておいた。
(ブログの中では一度も紹介していない)

それが最近ふとアソシエイトバーナー見ると・・・ものすごい
価格になっているのでびっくり!
さんまんよんせんにひゃくよんじゅうえん!(2006年9月21日現在)
ちなみに、定価は1365円(税込み)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

応募作品が他のブログに!

昨日、何気なく検索したら知らない方おブログ に、わたしが作った歌詞が!

これは神戸市が分別ごみ収集を始めるにあたって神戸市環境局
PRのために“わけとん”というキャラクターを設定し、テーマソングの
歌詞を一般からを募集していたもの。
面白そうなのでわたしも応募してみたものです。

結果は、玉砕。
神戸市環境局の発表のページには、歌詞はもちろんのこと
わたしの名前すら出ていなかったのに。友達にも見せてないのに。
それがどうして第三者のブログに。

気が付いたその時すぐに、動揺した気持ちでブログにはコメントをつけ、
神戸市環境局には今朝、個人情報保護と著作権についての
問い合わせのメールをしました。お返事を待っているところです。

[追記]
ブログのコメントに「「わけとん」で検索したら歌詞を見つけて、
面白いので載せました」とお返事いただきました。

確かに応募した頃(2年前)、自分のサイトの絵日記(まだブログに
していなかった頃)とリンクさせて別ページに歌詞を掲載しました。
でも、そのURLは1年前にプロバイダの都合で変更になり、
歌詞のページはそのままURL変更していない(現存してない)のです。
そのページがどこかにキャッシュされていたということでしょうか?
自分で検索してみましたが、歌詞はどこにも見つけられませんでした。

神戸市環境局からは、調べてみるとお返事いただきました。
うーん、どういうことなのでしょう。

[追記2]
一応↑の追記の件について、環境局宛てにメールしました。
現状をお知らせしないのはフェアでないと思ったからです。
が、環境局のメールには、どこにも担当者の名前がない!
そのこともメールには書き添えました。

が、その日のうちに
「お問い合せいただきました、ワケトンソング応募作品の件について、調査結果
をご報告させていただきます。
 ワケトンソングの歌詞を募集したときの情報管理について、当時の担当者およ
び業務を委託した業者に確認をとりました。
 その結果、募集作品の管理については、当然、個人情報保護・著作権の観点か
らも厳重に対応しており、外部に漏れる可能性はなかったと考えています。
 うつみ様が、2年ほど前に作品を公開されたことがあるということで、そのと
きの情報が何らかのかたちで「自転車屋男」さんの検索にヒットした可能性が高
いと思われます。(上述のとおり、神戸市では応募作品を公開しておりませんので。)
 「×××」(ブログの主)さんが、いつ、どのような検索をされたのか、投稿で聞いてみ
てはいかがでしょうか。」
という返事が来ました。

確かになんらかの形でヒットしたのかもしれません。
でも、わたしはあらゆる形で検索かけましたが、ヒットしませんでした。
×××さんに聞く義務があるのは環境局と思われます。
こんなことで調査したと言えるのでしょうか。
しかも、指摘したにもかかわらず、担当者の名前がない。
社会性もなにもあったものではありません。

しかも、×××さんのブログ、わたしの歌詞の前の記事はわけとんのイベントです。
もしかしたら、なんらかのツテで、わたしの歌詞を手に入れたのかも
しれないではないですか。

事実、わたしはコメントで×××さんにもう一度コメントしましたが、彼はその後
知らん顔です。どこかやましいところがあるのではと思わざるを得ません。

それを調査もしないで、自分のところには責任はないと言い切れる環境局の
無責任さには納得できません。

このことは名無しの担当者宛てに再度メールしました。
が、このような無責任体制の神戸市環境局にこれ以上対応を求めても無駄だし
不快感と不信感が増すだけなので、メールの返信は不要と書きました。
期待通り、何の返信もありませんでした
(9月25日 追記)

Continue reading "応募作品が他のブログに!"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

江ノ電(2) お土産

ちまちまと買ってみました。

060917_193501

江ノ電鎌倉駅改札内にある江ノ電ショップには、江ノ電チョロQ、
江ノ電プラレール、巾着袋やコイン入れなど江ノ電グッズが
たくさん並んでいます。写真はえのでんシールブックと江ノ電サブレ。

060917_193401

鳩サブレでお馴染みの豊島屋で大好きな豆楽(豆粉の落雁)と
本店限定発売の鳩マグネット(400円)。
本店限定グッズは他に便箋&封筒セット、ボールペン、キーホルダー他。

060917_130401001

鎌倉駅前の土産&雑貨のお店の店頭にバルサで作った猫の置物が
ものすごい数並んで売っていました。
1個100円。4個買って帰りました。

060917_193801_1

鎌倉の大仏様のお土産は、駄菓子屋さんで買った
落雁のセット(黄色が大仏、緑は江ノ電)と鎌倉大仏あめ。

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

江ノ電(1) 藤沢~鎌倉

060917_113601

小田急フリー切符を使って、江ノ電に乗りに行きました。
新宿から大人1430円、子ども720円。
新宿⇔藤沢間・小田急線往復と江ノ電乗り降り自由です。

060917_112701

途中の駅で見つけた“電車でGO!”(運転シミュレーションゲーム)
の携帯版、しかも江ノ電版のポスター。
いつの間にかこんなのがあるんですね。知りませんでした。
サイトにアクセスしてみると、525円でダウンロードできるようです。

060917_141502

江ノ電といえば、高徳院の大仏様(長谷駅下車徒歩約10分)。
20円の入場料を払って内部も参観できます。とても狭い!

縁側文庫のぶんこさんが以前書かれていた大仏土産や
駄菓子屋・長谷やさんにも注目。

060917_135801

060917_135602001_1

060917_135601001_1

バスの停留所名まで!


060917_140101

食事は腰越駅の「かきや」さんで、しらすかき揚そばを。
(お腹がすいてて写真撮り忘れました。
一番上の江ノ電写真の「かきや」は食堂向かいの旅館です)

江ノ島に着いた頃には、台風の影響で結構な雨に。
娘が貝殻のお土産を自分に買って、そのまま片瀬江ノ島駅から
特急料金  大人600円、子ども300円を追加で払い、
ロマンスカーで新宿まで帰りました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

台湾料理 金魚

台湾料理 金魚

友人の展覧会を見に銀座へ。

そこで、前に夜入ったことのある銀座2丁目メルサ4Fの
台湾酒房 金魚」でランチ。

写真はわたしがオーダーした台湾名物角煮かけご飯 。
角煮は大好きなのに、あの脂身にやられてしまうことが多いわたし。
でも、ここの角煮は薄味でさっぱりしていて、とても美味しくいただきました。

角煮の横についてる味つき煮卵も半熟で美味しい!
サラダとお漬物、スープ、とろとろ杏仁豆腐が付いて997円(税込)。
飲み物はドリンクバーでお代わり自由です。

ランチメニューは他に、蒸籠蒸しセット、豚肉と高菜チャーハン、
台湾フォー麺、台湾式うなぎかけご飯(1日20食限定)他。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

SUNAO KUWAHARA
2007 SPRING/SUMMER COLLECTION

お友達に招待状をいただいたので、SUNAO KUWAHARA
ファッションショーに行きました。
SUNAO SUGAWRA 2007 SPRING/SUMMER COLLECTION

場所は恵比寿駅近く。
SUNAO SUGAWRA 2007 SPRING/SUMMER COLLECTION

最初は黒、そして赤、淡いピンク、最後は白。
ピンタックや、布で作ったコサージュ、美しいギャザーを駆使した
柔らかで美しい、少しクラシカルなミニドレスに魅了されました。
とてもエレガントで、大人の可愛らしさがあふれていました。
ショーの様子はこちらへ

ショー自体は20分くらいだったでしょうか。
夢の中にいるようなひとときでした。
椅子席の後ろに立ち見、さらに円形に会場を形作る薄い布の
向こう側にまで立ち見している方がいました。

ひとつ失敗したのは、わたし。
その前にひとつ用があり、大慌てで家にもどったあと、そのまま
自転車で会場まで行きました。
会場前について愕然。
スタッフはもちろん入場していく人も、お洒落な人ばかり。
その中に、なんだか最近どうでもよくなってる普段着のわたしがいました。
今後の建て直しの糧にしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸通信vol.19

Kobetusin_logo_1

↑神戸通信vol.19 こちらをクリックしてください。

神戸通信は、2001年5月に東京から神戸にお引っ越ししたわたしが
発見した神戸を伝える、をコンセプトに作り始めたフリーペーパーです。
2006年4月、神戸から東京に戻りました。vol.19をもって最終号となります。

まだタイトルは未定ですが、引き続きフリーペーパーを作っていこうと
思っています。
申し訳ありませんが、5号分500円の発送手数料が必要となります。
お申し込み希望、また質問などは、コメント欄にメールアドレス入りで
コメントいただければ、こちらからご連絡差し上げます。
よろしくお願いします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »