« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

マンホールの蓋【金沢】

Img_2204
真ん中の御紋らしきマーク、加賀藩藩主・前田家の梅鉢の紋章らしい。

Img_2203

こちらはマンホールの蓋ではなく、消火栓の蓋です。
雨で濡れてます。
図柄は兼六園の灯篭です。

残念ながら、これ以上の種類は発見できずに終わってしまいました。
多分おしゃべりに夢中だったからです、トホホ。

| | Comments (0)

日帰り旅行*金沢21世紀美術館

7:20の第一便に乗って、金沢へ。

Img_2170

朝の空港の飛行機ラッシュにびっくりです。
滑走路へ飛行機が列を作って待機してるんだもの。

香林坊で金沢在住の高校時代の同級生と待ち合わせ。
卒業以来初めての再会です。
おしゃべりしながら案内してもらいました。

金沢21世紀美術館、展示中の「ロン・ミュエック」展、
第一展示室に入ったとたん、期待通りの衝撃。

080525

↑写真はフライヤーに掲載されていた作品です。
どの作品も、あまりにリアルで生々しい。

しかし、すばらしいインパクトと表現力を堪能
させてもらいました。

↓こちらは「レアンドロのプール」の中より。

Img_2183

↓こちらは外から。
中にいる人が水に沈んでいるように見えます。

Img_2187

21世紀美術館の写真2枚↓に追加します(5/30)

Img_2191
ステキなオブジェ的椅子。

Img_2196
これも通路に置かれた休憩用椅子です。

兼六園まで散歩すると、杜若(かきつばた)が見頃でした。
まさに絶景。

Img_2197

Img_2199

お昼は近江町市場の中の「鮨処 源平」でお寿司のランチを
いただきました。このセットは2500円也。

Img_2201

寿司は小ぶりで、どちらかというと女性向き。
金沢には東京では見ないネタもあり(中には
東京とは魚の呼び名が違うものもあり)、
時間があったらお好みで食べてみたかった!

午後は金沢に引越したママ友のお宅へ。
こちらも久しぶりの再会。最終便で帰りました。

短かったけど充実した時間が過せて大満足!

| | Comments (6)

東京アンテナコンテナ 

Antenakonntena

東京アンテナコンテナ 第6回本公演
『8時だヨ!全員出勤 

~専務と部長と、たまたま芋洗坂係長~

5月25日(日) 最終日、最後の公演を見に行きました。

もう、2時間笑いっぱなし。
次々とたたみかけるように繰り出される
演出かアドリブか見分けのつかないハプニングの連続。
芋洗坂係長のすばらしいタップと歌と踊り。
とぼけたスネ部長、シニカルな達磨川専務。
他の面々も個性前面にいい味出してました。

最終日の最後の公演ということで、芝居のあとの
挨拶のあと、さらにサービストーク&歌もあり。

この劇団を知ったきっかけは、わたしの住む隣り駅の
ライブハウスのサイトを見てたら、とても面白そうな
企画があって、問い合わせをしたことでした。
問い合わせに答えてくださった方も、今回の公演に
出演されていました。

前身の劇団から数えると11年。
客が入らなくて苦しい時代もあったそうです。
でも、今回の公演は全日全席前売り完売だそうです。
次回の公演はもうチケット取るの、難しいかも。
そんな注目劇団です。

| | Comments (0)

宝塚 宙組公演

生まれて初めて宝塚歌劇団を見にいきました。
本場で見たかったけど、東京宝塚劇場です。

白州次郎という実在の人物を描いた「黎明の風」です。

気持ちを込めて、公演を観に行ったときの記事をこの欄に
書いたのですが、
阪急電鉄(株)歌劇事業部というところから、
劇場内に貼ってあったポスターを撮ったこの写真が、
肖像権をおかす危険があると、ちょっと悲しくなるような文面で
コメントという形でクレームがつきました。

詳しくはこの記事のコメント欄、そしてそのことを書いた記事
宝塚に「警告」と言われてびっくり」をお読みください。

この文面と文体が、まさか本当に宝塚の書き込みとは信じられず
直接問い合わせをしたところ、間違いなく
阪急電鉄(株)歌劇事業部
の書き込みであるとお返事いただきました。

宝塚がそんなところではないと信じたかったので、
正直ショックです。

このことをどう書いたら良いのか悩んでしまったので、
お返事をくださった方に「〇〇さんから、コメントで良いので
お返事書き込みしてください。それを見て納得、という形で写真を
削除します」とお返事差し上げました。

合わせて、他にもたくさん写真を掲載しているサイトがあるのに
どうして当サイトが上がったのかの質問もいたしました。

------------------------
'08 06 29

本日、宝塚インフォメーションセンターの方より
コメントいただきました。

↓コメント欄、一番下方をご覧ください。
 

| | Comments (6)

ちょっとだけ宣伝

Shop_03_title_ill

子どもたちがブログを始めました。
最初は「内緒にして」と言ってたのに、
突然「おかあさんのブログで宣伝して」
と言い出しました。
そんなわけで親バカ宣伝。


小6の息子のブログ
小学生な毎日
小2~小3に書いてたブログ、何を思ったか2年半ぶりに再開。

小3の娘のブログ
小学生日記
学校でローマ字習ったら、やってみたくなりました。

いつまで続くかな~頑張ってね。

| | Comments (2)

猿橋を見に行く

GW中、息子との約束を果たすために仕方なく(←本音)
中央線に乗りに行きました。
本当は銚子行きを約束していたのですが、時間がないので近場に変更。

目的地はJR中央線大月のひとつ手前の猿橋駅にある猿橋に決定。
新型中央線車両の特快で、新宿から約1時間半。

Img_1921

高尾を過ぎると、電車のドアは手動で開けます。

Img_1917

猿橋駅から徒歩約10分。
これが、木曽の棧橋、岩国の錦帯橋とともに日本三奇橋
と言われる猿橋

Img_1944

現在では現存する唯一の刎橋です。

Img_1948

川に対して、高い位置に架かっている、という写真。
手前は欄干に置いた水筒です。

Img_1943

猿橋の脇から河原へ降りてみました。

Img_1951

こうしてみるとなかなか美しい川ですが、
哀しいことに河原には結構ゴミが多かったです。
でも、新緑は気持ち良い!

お昼のお弁当をここで食べたあと、隣りの大月駅まで
甲州街道を歩くことに。

Img_1932_2
駐在所あり

Img_1980_2
火の見やぐらあり

Img_1976
東京電力水力発電所あり

Img_1978
「百番供養塔」と書かれていました。

Img_1981
道沿いの、どの家の軒先にも提灯が・・・

Img_1987
現役の古いポストも発見。

Img_1988

約3キロのお散歩のあとは、駅前の土産物屋さんの
お茶コーナーで一休み。

このお店、お茶だけなら300円なのに、
お店で売ってるお菓子と一緒なら、お茶180円。
食事系の食べ物と一緒なら、お茶120円。
(ちょっと値段が違うかも。でも大体そんな感じ)

↑上のセットは90円のお饅頭と一緒にしたので
270円くらいでした。

帰りはちょっと奮発して、特急かいじで新宿まで。
さすがに乗り心地も良いし、早かった。
息子と二人の楽しい近場日帰り旅行でした。

| | Comments (2)

MUSIC DAY 2008

始まりはフランス。
夏至の日に国中あちこちで音楽を楽しむイベントだそうです。

MUSIC DAY・・・それが日本で始まったのは10年前頃らしい。
今日5月4日(日)、東京都内、埼玉、神奈川、宮城、大阪、
沖縄などのたくさんの会場で一斉にライブが催されたようです。

その会場のひとつが、うちの近所の公園でした。
会場は公園の中央広場。
協賛団体のテントで周囲を囲った、その中です。

Img_2047

お目当ては中村中さん。
子どもたちも「友だちの詩」好きなのです。
そのほかの出演者は河口恭吾さん、ピース(兄弟デュオ)、
やなわらばー(女性デュオ)。

中村中さん目当ての人が多かったんですね。
とりの河口恭吾さんが始まる前に、会場急にすいてしまいました。
わたしたちはもちろん最後まで聞きました。

息子はトップバッターの ピースが一番良かったそうです。
昨年7月にデビューしたばかりの19歳と高1の兄弟デュオ。
でも年齢に似合わずライブの構成も演出もにくくて上手。
明るい歌声も演奏もなかなかの実力でしたgood

12時開演、終演は16時。結構見ごたえありました。
なのに、会場は狭いのに入場者は予想外に少なくて
ちょっともったいない気がしました。

| | Comments (4)

桐の木に花

桐の木に花
子どもたちの小学校の校庭の桐の木、満開です。
携帯で撮りました。

Img_2002

こちらはデジカメで撮りました。
↑の写真より、やはりちょっと表現力ある気がします。

Img_2001

とても古い木で、映画にも登場したことがあるとか。
(正確なところは調べて掲載します)
いつまでも元気でいてほしいものです。

| | Comments (2)

« April 2008 | Main | June 2008 »