« 子育てがうまくいくとっておきの言葉 | Main | セミの羽化観察 »

押忍!手芸部お部活@原美術館

6月の記事で紹介した「押忍!手芸クラブ」
ワークショップ「押忍!手芸部お部活@原美術館
に家族で参加しました。

といっても、8月2日(日)のこと。
記事の更新が完全に遅れております。

講師は「押忍!手芸クラブ」部長 石澤彰一さん。
見た目個性的、なかなかステキな方でした。

Ca3802040

最初に見本を見せながら簡単に作り方を説明があり、
あとは勝手に作るのみ。
下書きも型紙もいらない。心の赴くままに作るのが
押忍!手芸クラブ流らしいのです。

既成の新品くつ下を片方は頭、片方は胴体と足、
端切れを手にして縫い合わせ、口を切り、
ボタンを目をつけてペットボトルを入れたら、
見てるだけでなんだか癒される「タベル」くんのできあがり。

面白かったのは、6月の展覧会のとき
全然興味なさそうにして、誘っても来なかった夫と娘が、
妙に真剣に集中に針仕事に熱中してたこと。

できあがった作品は、発表会などはなく、
自由に美術館中央の庭に出て各自撮影会となりました。

わが家の家族の作品はこれ。

Ca380203
左から夫、息子、娘、わたし

会場の原美術館、今回初めて行きましたが、なかなかステキな
建物でした。週末は品川駅から無料送迎バスも出ています。
* 原美術館 *

|

« 子育てがうまくいくとっておきの言葉 | Main | セミの羽化観察 »

Comments

The comments to this entry are closed.