« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

奥多摩の鍾乳洞

シルバーウィークに、奥多摩の日原鍾乳洞へ行きました。

とても良いお天気で、空気はさわやかな山日和。
電車はハイキング、登山人で結構な込み具合でした。

そんなわけで、奥多摩駅からバスに乗ろうとするも
1台めには乗れず、待つことに。
おかげで終点の東日原までの約30分座れました。

バス停からは徒歩約20分で日原鍾乳洞に到着です。

Dsc_23900

途中の公共トイレ。きれいなので安心して使えます。

Dsc_24150_2

観光客は、予想してた以上に多かったです。

Dsc_24130

最初はゆるゆるだった構内の順路も最後はこの急階段。

すっかり楽しくなってしまった子どもたち、
近くの大増鍾乳洞にも寄ることに。

日原から奥多摩駅行きのバスに乗り、途中下車。

Dsc_24320_2

個人経営の鍾乳洞。こちらの入り口はこじんまり。

Dsc_24330

入り口も狭くて小さい。なんだかドキドキです。

Dsc_2434

残念ながら中は鍾乳洞保存のために撮影禁止。

鍾乳洞所有者の息子さんがつききりで案内してくれます。
(これは鍾乳洞保存のためもあるらしい)
説明はちょっと早口だけど、なかなか専門的で面白かったです。

狭くて小さな鍾乳洞に、子どもたちはまさに洞窟探検気分。
大きな日原よりこちらの方が楽しかったと言っていました。

交通:JR青梅線奥多摩駅下車 東日原行きバス乗車
日原鍾乳洞
入場料:大人600円 中学生400円 小学生300円

大増鍾乳洞

入場料:大人400円 中学生300円 小学生200円

<おまけ>
マンホールの蓋ではありませんが、蓋2つ採取しました。

Akikawa_01_3

Akikawa_02

| | Comments (0)

高田馬場でカチン民族料理!?でランチ

高田馬場でランチの店を探して歩いていると、
なんとなく気になったのがこの店でした。

Ca381050_2

オリエンタルキッチンとありますが、
わたしはミャンマー料理と思って入りました。
ところがネットを検索してみると、この店は「カチン民族料理」らしい。
カチンってどこ?とさらに検索してみると、ミャンマー最北部の地域でした。
最初に「ミャンマー料理」と思ったのは間違いではなかったようです。

細い階段を上がっていくと、階段の途中に
酔っているのか他の理由か、足を放り出して座り込んでいる人がsweat02
その横を通り抜け、3階に上がるとお店の入り口です。

ランチは5~6種類あり、その中でわたしが頼んだのは
チェッターベーヒン(850円)
レンズ豆のカレーのセットです。
小皿もたくさんついてこのお値段はお得感があり!

Ca381048

Ca381049

こちらは連れが頼んだ石焼鍋ご飯のセットです。

Ca381046

ミャンマーの方らしきお客さんもいた店内は、静かで外の喧騒とは別世界。
食後にコーヒーのサービスもあり、のんびり食事を楽しむことができました。

オリエンタルキッチン マリカ
新宿区高田馬場1-25-29 サンコール3F Tel:03-3207-8114
ランチタイム:11:30~15:00/17:00~24:00(平日)/17:00~4:30(土日)

| | Comments (0)

弦巻茶屋でランチ

ずっと行きたかったのに、なぜか縁がなかった弦巻茶屋
先日やっと行くことができました。

弦巻茶屋は古い和風家屋を改装したカフェレストランです。

Img_1025_s

・・・と思っていたら、中はモロッコ風?
外観とはイメージ違って、なにやらエスニックな雰囲気。
090830_12120001_2

090830_12120002_2

天井にはたくさんのライトが・・・

090830_14030001_2

メニューを開くとスペイン風でした。
残念ながら日曜日はランチがなく、アラカルトのみ。

というわけで、前菜盛り合わせ。
チーズとサラミとパテの盛り合わせです。
090830_12230002

魚介類のパエリア

090830_12350001_2

庭は和風のまま・・・そのギャップも楽しい。

090830_12100001

と思ったら、こんなテーブル席も・・・
ここで食事はできそうにありませんが。

090830_12110001

カメラを忘れて、ご一緒したYAYOIさんの携帯で
写真撮っていただきました。ありがとうー!

東京都世田谷区弦巻2-18-2
Tel:03-5799-3257
営業:11:00~23:00/月曜定休

次回は平日ランチタイムに行ってみたいと思います。

|

« September 2009 | Main | November 2009 »